自己分析とキャリアの棚卸しをする

転職活動をする際にまずしておきたいことが、自己分析とキャリアの棚卸しです。転職によって叶えたい希望というのは人それぞれかとは思いますが、よく考えずに転職してしまうと、前の職場に残ったほうが良かったという結果にもなりかねません。より良い条件で転職するためにも押さえておくべきポイントを紹介します。

自己分析とキャリアの棚卸しをする

自己分析の方法

自己分析とは過去と現在の自分、そして将来的にこうありたいという理想像を客観的に考えることです。そのため、自分の過去と現在の状況がどうなのかを把握するところから始めましょう。まずは、現在何に悩んでいるのかを紙に書き出してみましょう。なぜ転職を考えるようになったのか、その理由は給与なのか、人間関係なのか、仕事内容なのか、といったことを思いつく限り書き出してみてください。例えば、「職場の人間関係に疲れた」「今の職場が興味のある科目じゃない」「残業が多くて体力的につらい」といった感じです。
そして、過去の自分を振り返りましょう。なぜ看護師を目指したのか、といった大前提の部分から掘り返してみることをおすすめします。その他に、「今の職場で学んだこと」「身についたスキル」「印象的だった患者」など、これまでの経験を書き出していきましょう。
そして最後に、理想の未来に近づくために必要な条件を書き出していきましょう。「勤務地」「給与」「勤務時間」「スキルアップの環境」などといったことです。このように手順を踏んで考えていくことで、現在の問題点と、それを解消するために必要な条件を導き出すことができます。自己分析をすることで自分の強みを理解することができ、自己PRなどを作成する際にも役立ちます。以下に自己分析に役立つサイトを紹介しますので、よければご活用ください。

こちらの「文化放送ナースナビ」は登録が必要ですが、自己他己分析をすることで効率よく自分の強みを引き出すことができます。
文化放送ナースナビ詳細

キャリアの棚卸しの方法

そしてキャリアの棚卸しです。これまでの勤務先や配属などを書き出して職歴をまとめます。そしてその勤務先の規模や患者数、患者数に対しての看護師数などの人員構成を書き出しましょう。勤務先の1日のタイムスケジュールや、どのような仕事をしていたか、自分の役割を書き出すことで経験やスキルを可視化することができます。そうして、自分がどういう仕事をしてきたのか、どのようなスキルがあるのかを客観的に把握することができ、これからどのような仕事をしたいのかが見えてきます。自分が転職先に求める仕事内容がわかれば、自然と転職先を絞ることができるようになります。

すでに転職を決意している人へ

  • 転職エージェントを利用して仕事探し

    転職エージェントを利用して仕事探し

    転職活動を進めていく際に必ず利用したいのが転職エージェントです。特に初めての転職だと不明な点が多いため、求人探しや交渉代行などのサポートをしてくれる転職エージェントを利用するのがおすすめです。ここでは、おすすめのエージェントもあわせて紹介しています。

  • 引き継ぎ書作成のコツ

    引き継ぎ書作成のコツ

    退職が決まったら後任者に向けた引き継ぎ書の作成が必要となりますが、初めてだとなにから書けば良いか分からないかと思います。そこでここでは、引き継ぎ書に記載すべき内容や作成のコツ、そしていつまでに書き上げておくべきかなどを紹介しています。

  • 引き留めへの対処法

    引き留めへの対処法

    退職時、上司から引き留めにあった際にどのように対処すべきかを紹介しています。相手はいろんな言葉を使って引き留めてきますが、甘い言葉に騙されてはいけません。引き留められてズルズルと今の職場に残り、結果的に後悔することのないようにしましょう。