転職への不安を解消する方法

転職には多くの不安が付きまとうものですが、特に看護師の多くが抱えがちな不安とはなにかを知っていきましょう。転職したことで今抱えている不満が解消されるのかどうか、もしかしたら余計に悪化するかもしれないという恐怖があります。どのようにすればこのような不安を軽減することができるのでしょう。

転職への不安を解消する方法

転職に関する不安の数々

まず、経験の浅い看護師が転職する場合に、看護技術や知識に不安を感じることが多いです。一通りの基礎知識を持っていたとしても、今までと異なる診療科への転職となると求められる技術や知識が異なるため、非常に不安になります。
次に、人間関係に関する不安です。「先輩看護師が感情的過ぎて指導がままならない」「周りの同僚が徒党を組んで口を出してくる」など、人間関係の悩みというのは様々です。また、看護師同士だけではなく医師との間に生じる人間関係の悩みを持つ看護師も多いです。
また、転職によって収入が下がるといった不安もあります。管理職に就いていたり、専門資格を持っていると、通常はそれに応じた手当が支給されます。しかし、転職先がそれらのスキルを活かせない環境だと、手当も支給されなくなってしまいます。また、都市部にある大きな病院ほど手当や福利厚生が充実しているため、クリニックや地方に転職を考えた場合はどうしても待遇が悪くなる傾向があります。
そして、転職活動をしても希望に合う転職先が見つからないかもしれないという不安もあります。通常であれば、今の職場で働きながら転職活動をしていくのが一番安全ではありますが、看護師は多忙なため、どうしても退職してからじゃないと転職活動をするのが難しいという人もいます。そして辞めた後にいざ転職活動を始めても希望に合う求人がなかなか見つからないという事態に陥ると不安が募っていきます。その結果、不安な気持ちに流され条件を妥協して転職先を決めてしまうことで、結局後悔する結果になることもあります。

どう解消するか

ではどうすれば良いのかというと、まず技術や知識に不安がある看護師はプリセプター制度などの教育制度が整っている病院を探すようにしましょう。そして人間関係は情報収集がカギになります。その職場で働いている先輩や知人がいれば必ず聞くようにしましょう。職場見学が可能であれば実際に雰囲気を確かめることもしましょう。
収入に関しては求人情報のチェックと、それだけで把握できない部分は面接時に直接聞くことが必要です。また、自分のスキルを活かせるところで働きたい旨をしっかり伝えましょう。転職先が見つからないかもしれないという不安に対しては、働きながらでも効率的に転職活動ができる方法を考えましょう。おすすめなのは転職エージェントを利用した転職活動です。

すでに転職を決意している人へ

  • 転職エージェントを利用して仕事探し

    転職エージェントを利用して仕事探し

    転職活動を進めていく際に必ず利用したいのが転職エージェントです。特に初めての転職だと不明な点が多いため、求人探しや交渉代行などのサポートをしてくれる転職エージェントを利用するのがおすすめです。ここでは、おすすめのエージェントもあわせて紹介しています。

  • 引き継ぎ書作成のコツ

    引き継ぎ書作成のコツ

    退職が決まったら後任者に向けた引き継ぎ書の作成が必要となりますが、初めてだとなにから書けば良いか分からないかと思います。そこでここでは、引き継ぎ書に記載すべき内容や作成のコツ、そしていつまでに書き上げておくべきかなどを紹介しています。

  • 引き留めへの対処法

    引き留めへの対処法

    退職時、上司から引き留めにあった際にどのように対処すべきかを紹介しています。相手はいろんな言葉を使って引き留めてきますが、甘い言葉に騙されてはいけません。引き留められてズルズルと今の職場に残り、結果的に後悔することのないようにしましょう。